「学ぶ」という場合、何かを漠然と進めていくよりも「資格取得」という目標を立てたほうが続けていきやすいでしょう。実際のスキルは資格取得に向けた学びの中で得ていくことができます。資格取得ができたら 資格そのものだけでなく 学んだことを仕事や社会の中で実践・活用していくこともできます。

CS〜コンピュータサービス技能評価試験

入門者からエキスパートまでを対象としたグレード設定(上位から1級(エキスパートレベル)、2級(実務レベル)、3級(入門レベル)をしています。実務作業を想定した試験内容でひとつひとつの機能を深く学び、データ処理速度を習得したい方にお薦めです。
もっと詳しくみる

サーティファイ認定試験

サーティファイ認定試験は、実際の業務に活用できるスキルを測定することを目的として開発されました。試験は、実技と知識が有、各ソフトの細かい設定やさまざまな機能を幅広く学習したい方にお薦めです。
もっと詳しくみる

MOS〜マイクロソフト オフィス スペシャリスト

マイクロソフト社公認の、世界基準のパソコン資格。ワードやエクセルの技能を、開発元のマイクロソフト社自らが証明する唯一の国際規格です。合格すると世界共通の認定証が発行され、マイクロソフト社のワードやエクセルなどを使えることを、世界中どこにいっても証明できます。ソフトの機能を全般的に学習したい方にお薦めです。
もっと詳しくみる

P検〜ICTプロフィエンシー認定試験

パソコン検定とは、パソコン検定協会が実施する、初中上級ユーザーを対象としたパソコン利用技能認定試験です。1級から5級まで8種類の級が用意されており、入門程度の5級から、1級や準1級では社内におけるシステム構築やネットワークトラブルの対処ができるなど、パソコン広範囲にわたる資格試験となります。
もっと詳しくみる